仙台セラミック矯正歯科へ

このページをお気に入りに追加する

仙台セラミック矯正歯科 〜スタッフの声をお届けする『仙台セラミック デンタル インフォメーション』〜








RSS


RingBlog ver.2.35a


2006年 2月 28日 (火) 11:50


現代のブルボン王朝。
by

2005年度に全国で生活保護を受けている世帯数が、月平均で初めて100万世帯の大台に乗る見通しであることが明らかになったそうです。

これで「景気は回復している」とは、ばかげた話ですよね。

最近ベルサイユのばら(しかもアニメ)を見ているのですが、話の中に出てくる貴族は、農民の暮らしぶりなど知らずに、日々堕落した生活を送っています。

当時は封建制度であり、貴族は家柄が良ければ、その息子や娘の地位まで保証され、無条件に支配者側にまわることができました。

しかし稀に貴族は、気まぐれに平民を重用したりする場面もあります。

2世・3世議員(小泉自身も3世)や訳のわからない新人議員を大量に抱え、企業や暴力団や宗教と癒着し私腹を肥やす今の政府。

そして高い税金を国民から搾取し、自分たちは贅沢三昧で国民のことなど何一つ理解しようとしない。

フランス革命により斃れた王朝と、どこか共通するところがあるようではないですか?

増税での国家財政の建て直しなどに失敗したルイ16世は、断頭台で処刑されました。

改革を謳う現代の独裁者は、一体どんな末路を辿るのでしょうね。



2006年 2月 27日 (月) 01:10


運転マナー。
by

数年前に免許の書き換えがあったときに、講習をうけました。

その講習で「宮城県の運転マナーの悪さに、他県の人が驚いている」という話がありました。

まあ警察の天下り団体、交通安全協会の話なので、眉唾だとは思ったのですが、たしかに僕も何度か車を運転していて、不愉快な思いをしたことがあります。

例えば、1台の車に道を譲ったところで、目的地に着くのが1時間も遅れるということもないでしょう。

また、クラクションを鳴らさなくとも相手が認識している場合などは、あえて鳴らさなくとも良い場合もあるとおもいます。

わざと相手の車に不愉快な思いをさせるようなことをしているとしか思えない人がいます。

そういう人に報復などということはもちろん考えませんが、反面教師にしていき、余裕を持った運転をすることは心がけたいと思います。



2006年 2月 26日 (日) 20:27


ボクシング。
by

プロボクシングの“亀田3兄弟”の二男、亀田大毅選手がプロデビュー戦に出場、開始23秒でKO勝利を飾ったそうです。

宣言していた通り44秒以下でのKOを、有言実行した形になりましたね。

しかしこの3兄弟は、本当に強い!

試合もそうですが練習のシーンなんかを見ていると、とんでもないことをやっていたりするのですが、今の若者のような無気力さは微塵もなく、実に生き生きとしているなあとうらやましく思います。

若い頃は空手をやっていましたがいつの間にか止めてしまい、今はすっかり運動不足という僕の鬱憤を、かわりに吹き飛ばしてくれました(笑)

次は末っ子の和毅選手の番です。

目が離せません!



2006年 2月 25日 (土) 23:11


バカの壁。
by

今日は、最近読んだ本について書きます。

一世を風靡した養老先生の「バカの壁」です。

色々なところでこの「バカの壁」という言葉が引用されていることでわかるように、タイトルのインクパクトもさることながら、内容も興味深いです。

一般的なレビューは、Amazonなどを見ていただくことにして、純粋にぼくが読んだ感想を。

「大学の偉い先生と一緒に飲んで、その先生が酔っ払って学生に持論を述べている」といった感じです。

そのフランクな感じが読んでいて楽しいですし、書いてあるエピソードも目からうろこが落ちる話も多いです。

もし読まれた方がいらっしゃいましたら、コメントに感想を書いていただけるとうれしいです。



2006年 2月 24日 (金) 14:37


待望の金メダル。
by

フィギュアスケートの荒川選手が、ついに日本人で初となるメダル、しかも金メダルを獲得しましたね!

(このままトリノ終わっちゃうのかな・・・)と少し思ってしまいましたが、実にうれしいです。

本人も、喜びと同時にほっとしているでしょうから、しばらくゆっくり休んでいただきたいですね。

永田議員などは、休んでいる暇などないと思いますが(笑)

スポーツ選手は選手としての寿命が短く、脚光を浴びた後に身を持ち崩すケースなどもありますので、今後の人生を見据えてしっかり生きていってほしいものです。



2006年 2月 23日 (木) 01:08


プレミアムモルツ伝説。
by

一昨日は、院長先生と社長と外で飲んだのですが、いつもは自宅で飲むことが多いです。

そこで飲むのはだいたいビールなのですが、テレビやネットをしながら飲んだり、湯船に浸かっているときに飲んだりします。

ちょっと前までは「第3のビール」と言われるものを飲んでいました。

その前は、発泡酒を飲んでいました。

さらにその前は、コロナビールにライムを入れていましたが、予算の都合で断念しました。

そして最近は「プレミアムモルツ」をよく飲みます。

これはコンビニなどで買うと値段がエビスより5円高く、痛い出費であることは確かなのですが、とにかくウマイ!

真性味オンチの僕ですが、コクがあって嫌味な苦さじゃなくて、おいしいと認識できます。

ということで、プレミアムモルツが僕のマイブームになっています。

たまにこのブログで誤字脱字がありますが、それはプレミアムモルツのせいだと思ってください(笑)

僕は国内外問わず、どこにいってもビールを飲むのですが、札幌にあるサッポロビール園(今はサッポロファクトリーというかもしれません)で飲んだ生ビールが、人生で最高でした。

しかもそこはジンギスカン食べ放題だったものですから、ビールも肉も進んだ記憶があります。

ちなみにビールに関しての、今までの「ニガイ」思い出は、バンコクで飲んだチリビールと、ホーチミンで飲んだハノイビールが同着1位です。

僕にはチョット合わなかったようです。

勇気のある方は、行ったときに試してみてください。



2006年 2月 22日 (水) 04:01


ステータス。
by

任天堂の山内溥相談役が京都大学病院に70億円を寄付し、新病棟が建設されることになったそうです。

彼は以前に、他の施設へも寄付していたようです。

一体どれだけニンテンドーDSが売れたのだろう・・・など思ってしまったりもしますが、それにしてもすごい額ですよね。

アメリカなどでは、成功者が富を社会に再分配する慣習があり、それがステータスにもなっています。

成り上がりのヒルズ族などを「勝ち組」ともてはやすような昨今の風潮を、本当の成功者たちはどう思っているのか、興味のあるところではあります。



2006年 2月 21日 (火) 15:12


テレビとネット。
by

日本人がテレビを見る時間は、平日が約三時間半、日曜は四時間を超えるそうです。

僕のパターンとしては、帰宅→ねこにえさをやる→暖房をつける→テレビをつけ、パソコンを起動する→着替える→テレビが面白ければネットしながらテレビを見て、つまらなければ音楽をかけネットに専念する、とこんな感じです。

なので、テレビを見る時間は1日3分のときもありますし、3〜4時間のときもあります。

若い頃は、必ず見るテレビ番組というのが存在しましたが、今はありません。

最後に定期的に見たテレビ番組は「白い巨塔」なのですが、それを友人に言ったら「ずいぶん古いな」と笑われました。

興味のあるものをすぐ見ることができるということで、最大の暇つぶしアイテムであり情報源のテレビは、ネットに席捲されていくかもしれません。

しかし昨日書きました、共立のTVCMは是非見ていただきたいものです(笑)



2006年 2月 20日 (月) 11:06


コマーシャル。
by

共立美容外科のCMが変わりました!

美川憲一さん(の声?)出演です。

青木さやかさんの「どこ見てんのよ!」より、絶対に美川さんの「何見てんのよ!」の方が先だと思う今日この頃。

美川さんの独特な世界、みなさんもチェックしてみてください。



2006年 2月 19日 (日) 21:13


フットワーク。
by

政府はフィリピン中部のレイテ島で起きた大規模な地滑り災害を受けて、フィリピンに総額2500万円相当の緊急援助物資を提供することを決めたそうです。

基本的に、僕はこれには賛成です。

何に使われるかわからないODAを垂れ流すよりも、目的が明確ですから。

これからの政府は、内外の災害に対しこのぐらいフットワークが軽くないとだめですね。

北朝鮮に乗り込んで、数人の拉致被害者を取り戻したはいいが、その後の外交をめちゃくちゃにするようなフットワークの軽さはどうかとおもいますが。

フットワークが軽いでちょっと思い出したのですが、御巣鷹山に日航機が墜落した事件ありましたよね?

墜落してすぐ救難活動をすべきであったのに、その救難活動は14時間も遅れました。

まさにフットワークが重かったわけですが、その理由は、自衛隊の無人標的機が日航機と衝突し、破片を回収しようとしたタイムラグがあったといわれています。

しかも、目撃者がいては困るので、生存者をわざと見殺しにしたとも言われています。

話がそれました。

まとめると、フットワークの軽重も、時と場合によると言うことでしょうか。

いつもながら、まとまらない歯医者のブログでした。



2006年 2月 18日 (土) 19:43


やるせない事件。
by

滋賀県長浜市で、幼稚園児2人が中国籍の鄭永善容疑者に刺殺されました。

どの新聞が通名で掲載しているとかなども、僕にとっては大いに気になってしまうところですが、そんなことよりも、「中国から来たので、言葉がわからない」「保護者となじめない」などと到底理解しがたい動機で、罪もない子供たちを殺めたことにたいし、激しい憤りを覚えます。

僕は常々思っているのですが、故意に殺人を犯したり、飲酒運転で死亡させてしまったなどの悪質な犯罪を犯したものは、動機にかかわらず死刑にして構わないと思います。

殺人を犯しても、未成年は数年で社会に野放しにされますし、成人でたとえば無期懲役になったとしたら、人殺しの一日あたり500円の食事を、我々の税金で一生賄ってやることになるわけです。

誰が見ても大量殺人者である某教祖も、未だに裁判が行われ、無駄な税金を使っています。

加害者に非常に甘い日本の法律、何か間違っているような気がします。



2006年 2月 17日 (金) 10:52


保険の外交員さん。
by

昨日、新しく生命保険に一口入りました。

生命保険の保証の内容などは書きませんが、この保険を薦めて下さった外交員さんが、実に興味深い人なので今日はその事を。

なんでも、手相をみる事ができるとのこと。

早速みていただいたところ、これがけっこう当たるんです。

「○○歳のあたりに、大変なことがありましたね」

「××歳のあたりは、勉強をすごく頑張っていましたね」

「色々なことに興味を持つけれど、飽きっぽいところもありますね」

言われてみると、なにかしら思い当たる節があります。

すっかり調子づいた僕は、今後の事を質問してみる事に。

結果なんですが、良い事だけ書くと、今後仕事は順調に進み、長生きして良い死に方をするそうです。

というか、悪い事はあまり教えてくれませんでした。

テレビに出ている某占い師のように、悪い事だけを並べ立てる、というようなことはしない流派なのだそうです。

長生きすると言われて生命保険に入ると言うのもなんですが(笑)、今後保険を使うような状態にならないように、自己管理をしっかりしなければ、と改めて思いました。

ちなみに、この外交員さんは霊感も強いそうなんですが…。

僕の住んでいる土地は、あまり良くないそうです(泣)



2006年 2月 16日 (木) 12:20


若い被害者。
by

昨年1年間の出会い系サイト絡みの事件の被害者は、18歳未満が84%だったそうです。

「援助交際」という名前もすっかり市民権を得ていますが、その実体は「売春」です。

よく、娼婦は世界一古い職業などとも言われますが、もちろんそれが売春をして良い理由にはならないでしょう。

普通の女性なら膂力で男性にかなうはずもなく、事件になった場合、損をするのは大体が女性です。

売春をしてまでお金を得なければいけないのか、売春をしたらどんなリスクがあるのか、自分で考えて、自分の身を守ってほしいと思います。



2006年 2月 15日 (水) 15:13


腐った人間。
by

大手ビジネスホテルチェーン「東横イン」が進出を予定している2件のビル計画について、建築主が建設中止を決めたそうです。

東横インといえば、社長の猿芝居ですが、あれは見るに耐えかねましたね。

情報が入っていないので分かりませんが、おそらく、ブレーンの誰かに指示され、あの会見に至ったのでしょう。

おそらく会見の最中は、口では謝罪の言葉を述べながらも、心では「本当はお前らより、自分は上の人間だ」と思っていたに違いありません。

政治家をはじめとした、人の上に立つ人達が、いわゆる公共善の心を忘れて久しいですが、こんな世の中がいつまで続くのでしょうね。



2006年 2月 14日 (火) 22:08


バレンタインデーですね。
by

今日はバレンタインデーでしたね。

学生時代は、誰にもらった、誰からもらえなかったなどと、一喜一憂したものです。

さすがに最近はそういったことで騒ぐこともなくなったわけで、専らの関心は、カロリーの高さと、食後すぐのブラッシングになっています。

そして、1ヶ月ぐらいあとの関心は、義理チョコをくれた人になにを返すか、になるわけです。



2006年 2月 13日 (月) 23:14


生活習慣病。
by

だいぶ前ですが、「成人病」と言う言葉が「生活習慣病」ということばに変わりました。

肥満の児童なども増えてきており、飽食の時代の歪みが顕著に出始めています。

歯科に関していうと「歯周病」は、極めて生活習慣病に近い位置にあると考えます。

ふだんの生活のなかで、正しい知識を持ってメンテナンスすることができれば、歯周病は防げることが多いからです。

命にかかわることは少ないですが、大きく生活の質を低下させる可能性のある疾患です。

ぜひとも、機会がありましたら学習していただきたいですね。



2006年 2月 12日 (日) 20:08


トリノオリンピック。
by

トリノオリンピックが始まりましたね。

仕事があるので、リアルタイムに見るということはできないのですが、ハイライトなどを見ています。

歯科治療に関してはちょっとうるさいですが、スポーツに関してはほとんど知識がありませんので、専門的なことはかけません(笑)

選手はもちろんのこと、審判にもフェアプレーであってほしいです。



2006年 2月 11日 (土) 00:38


頭痛について。
by

昨日、頭痛の勉強会があり、行ってきました。

片頭痛や緊張型頭痛のように、命に別状のない頭痛もありますが、直接命にかかわる頭痛もあります。

命にかかわらなくとも、著しく生活の質を下げるような頭痛もあります。

マスメディアの影響で「噛み合わせが悪いから頭痛になるんだ」と盲目的に信じ込んでいる方もいらっしゃいますが、かならずしもそうでなく、他に原因が潜んでいることも多々あります。

頭痛の症状や噛みあわせを診て、総合的に診断を下すものでありますので、自己判断せず正しい診断を得ていただきたいと思います。



2006年 2月 10日 (金) 14:44


僕も髪を切りました。
by

前日にスタッフの方が、髪を切った話を書いていたので便乗したいとおもいます(笑)。

僕もついこの間、髪を切りました。

もともと強いクセ毛なので、縮毛矯正かストレートパーマをかけるのですが、今回は全体的に縮毛矯正をすることにしました。

僕の髪は、ストレートパーマだと元の髪のうねりが少し残ってしまい、縮毛矯正だとペタっとなりすぎるという面倒な髪です。

そのため、頭のてっぺんの部分の髪の根元は縮毛矯正せず、前・後・横は根元から縮毛矯正する、ということになりました。

薬をつけ、コテで伸ばしてもらってみてみると・・・自分が思っていたほど頭頂部にボリュームが出ておらず、少しぺたっとした感じに仕上がっていました。

落ち込んで家に帰って、ためしに自分でセットしてみると、少しボリュームがでたので、少しほっとしました。

もう少しすると根元が伸びてきて、段々なじんでくると思いますので、それまではなんとかセットでごまかそうと思っています。

しかし一番の悩みは、おでこが広くなってきていることだったりします(泣)



2006年 2月 9日 (木) 13:37


強い心を。
by

昨年1年間に、インターネットのサイトで知り合い一緒に自殺する「ネット自殺」は全国で34件発生し、91人が死亡したことが分かったそうです。

ちょっと前までは、図書館に足を運ばなければならないような調べものでも、大抵の事ならインターネットでわかってしまいます。

その他にもインターネットの有用性をあげればキリがなく、現代人にとってなくてはならない存在になった感のあるインターネットですが、こうした暗い側面も持ち合わせていると言うのは恐ろしい事です。

こうして自殺する人のほとんどは、誰かに自殺を止めてもらうと、思いとどまることが多いと聞きます。

そうそうあることではないとおもいますが、万が一誰かが早まった事をしそうな場合には、まず声を掛けるように心掛けたいと思いますし、自分自身は、自らの命を断とうなどという考えを起こさないようにしていきたいと思います。

僕は、明けない夜はないと思っています。



2006年 2月 8日 (水) 19:22


髪型
by

 先日、長かった髪をばっさりと切りました。
のばしては切る。を2〜3年おきに繰り返しています。
切ったばかりだとすっきりはするのですが、
ロングヘアの人を見るとまた直ぐにのばしたくなります。
今はまだスッキリ中です。
 歯もクリーニングするとすっきりしますよ!!




髪型
by

 先日、長かった髪をばっさりと切りました。
のばしては切る。を2〜3年おきに繰り返しています。
切ったばかりだとすっきりはするのですが、
ロングヘアの人を見るとまた直ぐにのばしたくなります。
今はまだスッキリ中です。
 歯もクリーニングするとすっきりしますよ!!




おめでとうございます。
by

紀子さまがご懐妊されましたね。

本当に、喜ばしい事です。

男児でも女児でも、皇位継承権があろうとなかろうと、元気に産まれてきてほしいものです。

子供は国の宝です。

先日観た映画「博士の愛した数式」のなかのでも、博士が子供を慈しむ場面が多く、胸が熱くなりました。

しかし世の中では、子供が犠牲になる事件は多く、少子化はますます進んでいます。

子供が安全に健やかに育つ事ができ、親にとっては子どもを育てやすい環境にすることは、今の日本の急務だと思います。

先日当選した利府町長は、子供の福祉に関する公約をしていましたが、是非実行していただき、地方と中央が一体となり、子供にとって良い社会が実現する事を、切に望みます。



2006年 2月 7日 (火) 10:58


身の丈。
by

ライブドア事件を契機とした株式市場の混乱で、インターネットで株取引をしている個人投資家の6割以上が保有株の下落に見舞われ、4割が何らかの損失を抱えたそうです。

昨今、オンライントレードなどで、パソコンさえもっていれば気軽に株の売買ができるようになっています。

カードでの支払いなんかもそうですが、実際に現金で払わないと、ついつい大きな買い物をしてしまうものです。

流行に乗るのもいいですが、身の丈にあったお金の使い方をするよう、心掛けたいものです。



2006年 2月 6日 (月) 20:41


景気が良くなっているそうです(笑)
by

内閣府から、景気が上向いてきているとの発表がありました。

景気動向指数は、「景気に敏感な複数の経済指標を3カ月前と比較し、プラスだった指数の割合が50%を上回れば景気が上向いていると判断する」そうです。

なんだかわかりませんが(笑)、みなさんの実感としてはどうでしょうか?

ぼくは決して、景気が良くなったとは思わないのですが・・・。

内閣府というのは、どうにも信用ならない機関であるというのが僕の印象ですし、ましてや、情報操作が大好きな小泉内閣の報告なので、なおのこと信じられません。

だいたいにおいて、日本には地震や雪や偽装マンションで、住む場所もロクに確保できていない人達がいるし、北朝鮮には日本人が未だに捕らえられているし、アメリカに押し付けられた牛肉で食の安全も確保できていない。

国内では暴力団と政治家と悪徳会社が癒着して、好き放題やっている。

衣食住という、人間が生活するうえで最低限必要とされるものが、今脅かされているのです。

これで景気だけが回復しているというほうが、どうかしているでしょう。

税込み価格の表示を義務付け、消費税増額のときの抵抗を少なくさせた上で増税したとしても、これを食い物にしている人間がいなくならない限り、本当の意味で景気が良くなくなることなどないでしょう。

バブルの頃のように浮かれるのもどうかと思いますが、今の閉塞感というものも歯がゆいものがあります。



2006年 2月 5日 (日) 19:05


罰当たり。
by

奈良県斑鳩町の法隆寺の室内に安置されていた、仏像が盗まれるという事件があったそうです。

なんとも罰当たりな話ですが、おそらく、犯人は本当に仏像を欲しかったわけではなく、お金が目的ではないかと推測します。

われわれから見たら大した価値がないように思うものでも、蒐集家の間では高値で取引されているものもあります。

しかし、こういった手段で得たお金で、たとえ幸せになって、果たして満足なのか僕は疑問に思います。

マネーゲームなんて言葉も最近よく聞かれますが、自分で苦労して手に入れたお金で生活し、遊ぶのが、人間の本分だと思う、プロレタリアート歯医者なのでした。



2006年 2月 4日 (土) 23:30


スノーボード。
by

今日は仕事が終わった後、セントメリーに、スノーボードに行ってきました。

スノーボードをはじめてかれこれ12年になりますが、趣味程度にしかやっていないので、上達はしていません(笑)

先輩ひとり、後輩2人と一緒に行ったので、後輩に運転をまかせ、僕と先輩は酒盛り。

快適ですねー。

今日のセントメリーは、気温が低かったですが、アイスバーンにはなっておらず、降雪もほとんどなく快適でした。

ナイター券を買って、途中やすみをはさんでビールを飲みつつ、3時間ほど滑ってきました。

手を折っては大変なので、飛んだり跳ねたりはしませんでしたが、楽しんできました。



2006年 2月 3日 (金) 10:03


チャンスロス
by

ユニクロの1月の売上高は、前年同月比13・4%減と、3か月ぶりに前年実績を下回ったそうです。

寒波の影響で、冬物衣料が予想以上に売れ、1月に入って品不足をきたしたため、というのが理由とのこと。

じつは僕もユニクロを愛用しておりまして、今年もインナー数点を購入しました。

数年前から着用している衣類なども、まだ現役でがんばっています。

まあそれはいいのですが、今回のユニクロの減収は、会計で言ういわゆる「チャンスロス」にあたると考えられます。

要するに、売れる見込みがあったのに、商品を調達できなかった、あるいはしなかったために、得られるはずであった利益を得る機会を失ってしまった、ということです。

必要な時に、必要なものを、必要なだけ準備する。

商売でも実生活でも、実に難しい課題ですね。



2006年 2月 2日 (木) 10:20


がんばれ日本人。
by

野球の横浜ベイスターズが、選手に外国人野手を置かずに、来季に臨む方針を決めたそうです。

これは実に、46年ぶりの決断とのこと。

僕は野球に全く興味がないので、詳しい事は分からないのですが、このニュースを聞いた時には心が踊りました。

国技の相撲でさえ、千秋楽にモンゴル人とブルガリア人が戦い、サッカーでも強豪国の選手達がタイトルを総ナメにしているこのご時世です。

このニュースは我々日本人の誇りを回復させ、勇気を与えるような出来事だと思います。

ナイター中継をやっているとチャンネルを変えてしまう僕ですが、来季の横浜には注目したいと思います。

がんばれ牛島監督、がんばれ横浜ナイン!



2006年 2月 1日 (水) 16:15


容姿とユーモア。
by

初対面のとき、男性は相手の容姿を、女性はユーモアのセンスを重視するという結果を、カナダの大手出版社が発表しました。

国によって差はあるのですが、日本ではこんな結果だったようです。

また、人は見た目が9割、なんていう本も出ています。

たしかに、顔はイマイチでもお笑い芸人なんかはもてますよね。

しかし、どうしても、女性には容姿の良さが求められている様です。

容姿に関しての悩みに関しては、当院でも御協力できる部分があるかも知れません。

一念発起して、ぜひ御連絡ください。